ドッグフードはよく食べるものを買ってあげる良いでしょう。

ドッグフードは犬によって好きな味があります、魚、鳥、牛など違っていますので愛犬などが食べる好みもあることでしょう。

 

また硬さなども違ってきます、しっとりやカリカリなどあるので好みによって使い分けるようにするとよいでしょう。

 

それにやはり成長に合わせて変えていくことが大事ですね、生まれたばかりから政権になる前くらいまではまだ歯もしっかりしていませんし消化もうまく出来ないために柔めにドッグフードにすると良いでしょう。

 

政権になれば好みが変わってきますのでいろいろあげてみるとよいでしょうしたまには違った味など定期的に変えてみるのも一つの手です。

 

そして年とともに弱ってくると犬も歯がうまく噛めないことも出てきます、消化に良い柔らか目のものに変えてあげることで栄養を取りますので年齢に合わせて使い分けるのが良いことだと思います。

 

またドッグフードにも野菜を調合したタイプなどがあるのでこのタイプを取ることで犬にもビタミンなどを補うものがありますのでこれらを使ってみるのも良いでしょう。

 

このようにドッグフードは様様なタイプがあるのでまずは愛犬の好みから食べさせてあげるのが良いことだと思いますし年齢に合わせた硬さを考えると良いでしょう。

国産と外国産のドッグフード

 

人間が日常的に食べる一般的な食品は、国産が好まれる傾向が強いと言えます。

 

しかし、ドッグフードの場合はそうとも言いきれません。国産を好む飼い主さんもたくさんいますが、外国産を選んでいる方も意外と多いのです。

 

国産と外国産のドッグフードは、どちらが良いと断言することは出来ません。国産のドッグフードにも外国産のフードにも、優れた製品はたくさんあります。

 

ただ、日本と外国ではドッグフードの安全基準には違いがあります。

 

日本のドッグフードは比較的基準が緩く、外国の方が厳しい基準になっているケースが多いのです。

 

その為、全体的に見ると外国産のドッグフードの方が高い水準で作られている製品が多いと言えるかもしれません。

 

と言っても、国産のドッグフードの安全性に問題があるということはありません。

 

国産製品にも高い安全性を持つ無添加ドッグフードなどがあります。

 

栄養面にもきちんと考慮されており、愛犬の健康を保つのに効果的です。

 

それぞれの安全基準を満たしている製品であれば、国産か外国産に関わらず、ドッグフードは愛犬の好みと相性で選んで問題ないと思います。

 

犬の体質にも個体差がある為、同じ基準を満たしたフードでも合う場合と合わない場合があります。

 

きちんと安全な原料が用いられている製品同士で比較するなら、愛犬の体質との相性に着目してあげるようにしましょう。